孵化する前の鶏を数えてはいけません

ある日、畜産牧場のモリーは、自分の缶をミルクでいっぱいにしました。
彼女の仕事は、牛の乳を搾り、その乳を市場に持って行って売ることでした。
モリーは牛乳を売った利益で何を買うかを考えるのが好きでした。
彼女は、牛乳をペール缶に入れて市場に行きながら、また自分が買いたいものを考えました。道を歩きながら、彼女はケーキとバスケットいっぱいの新鮮なイチゴを買うことを考えました。
道を少し進んだところで、ニワトリを見つけました。彼女は、「今日のお金で、自分の鶏を買おう。そのニワトリが卵を産んでくれれば、ミルクや卵を売ってお金を増やすことができるわ!」と思いました。
もっとお金があれば、派手なドレスを買って、他のライバルたちを嫉妬させることができるわ」と考えました。
興奮したモリーは、缶の中のミルクのことを忘れてスキップし始めました。
すると、ミルクはペール缶の端からこぼれ落ち、モリーを覆ってしまいました。
びしょ濡れになったモリーは、「大変!これでは鶏を買うお金もないわね」彼女は残念そうに空のペール缶を持って家に帰りました。
「あら、大変だわ。どうしたの?モリーのお母さんが聞きました。」
「買いたいものの夢を見るのに忙しくて、ペール缶のことを忘れていたのよ」と答えました。
「ああ、モリー、孵化するまでは鶏は数えるなと何度言えばいいのかしら?」
(日本では取らぬ狸の皮算用)