新しいソファー

婦人の安心したような声を聞いて職員は電話を切ったとはいえこんなユーモアのために実際に宇宙服一式と小型探索艇を持ち出した博士には厳罰が必要かもしれないなとその職員は考えながら今受けていた電話の内容を他の職員に伝えに行ったここ
はオリバー博士の自宅であるそのキッチンでは夫人が鼻歌を歌いながら博士の帰りを待っていたドアの鍵は閉めチェーンロックもし
てある博士が帰ってきて呼び鈴が鳴ったらし借りに行こうそしてその後は一緒にご飯を食べよう婦人はそんなことを考えながら料理を続けていたがいつまでもその呼び鈴はならないのであった人をダメにするソファ夫のためにソファーを買った
ら警察官であろうと少しでも休ませたいと思ったからだそのソファはただのソファーではなくある特別な機能があるそれは人をダメにするという機能だ